エコシルフィの対流で温度ムラ解消、快適省エネ空間を実現/東京地区総代理店の株式会社セーフティー・サービス・システム

株式会社
セーフティー・サービス・システム

   東京都千代田区岩本町2-15-8

MAS三田ビル4F

【建設業許可】
都知事 般-22 第81867号
許可業種一覧はこちら >>
許可業種一覧
  • 土木工事業
  • 建築工事業
  • 左官工事業
  • とび・土工工事業
  • 石工事業
  • 屋根工事業
  • 鋼構造物工事業
  • タイル・レンガ・ブロック工事業
  • 舗装工事業
  • 板金工事業
  • 防水工事業
  • 内装仕上工事業
  • 熱絶縁工事業
  • 建具工事業
事業内容

PMV(快適指数方程式)によるPPD(予測不快適者率)温熱環境評価
ISO-7730として1984年に国際規格化されたデンマーク工科大学のファンガー博士の快適性評価の理論です。
温熱環境の6要素(温度・湿度・輻射熱・気流・被服量・運動量)で人が感じる温冷感を数値(-3〜+3)として表現し、PPDとの関係より-0.5<PMV値<+0.5のPPD=10%以内を推奨する考え方です。(-0.5〜+0.5が90%の人が快適と感じる温熱環境範囲)

PMV算定式

PMV=(0.303e−0.036Mp+0.028)×(M−W−Ed−Es−Ere−Cre−R−C)

  • M:代謝量(W/屐
  • W:機械的仕事量(W/屐
  • Ed:不感蒸泄量(W/屐
  • Es:皮膚面よりの蒸発熱損失量(W/屐
  • Ere:呼吸による潜熱損失量(W/屐
  • Cre:呼吸による顕熱損失量(W/屐
  • R:放射熱損失量(W/屐
  • C:対流熱損失量(W/屐